毛の種類は大きく分けて2種類

MENU

2種類の毛の特徴

毛の2種類

どうしても処理に困ってしまうムダ毛ですが、どのくらいの本数が生えているのかおわかりでしょうか?

 

その数なんと身体中には100〜150万本の毛が生えています。

 

その中でも生えている部位によっては毛質が違ってきます。太い毛、細い毛、くせ毛などもありますし、短い毛や長い毛もあります。

 

この違いから、脱毛する期間や仕組み、痛みなどが変わってくるんです。

性毛と無性毛

そしてこの毛というものは大きく分けて『性毛』、『無性毛』と呼ばれます。性毛とは、第二次性徴になるとともに生えてくる毛のことでワキ毛やアンダーヘアなどそれにあたります。

 

また無性毛とは、毛が細く毛流れが一定の方向で、腕毛や足の毛がそれにあたります。

 

この「性毛」と「無性毛」ですが、脱毛しやすいのは上記からわかる通り無性毛です。

 

そして性毛ですが、無性毛と比べて太くて毛流れがバラバラであり、毛母細胞などの組織が強いため完全に破壊するのは強い電気を流さなければならないんです。

 

この強い電気というのが、クリニックで言うレーザー脱毛のことです。

 

医療レーザーともいわれますよね。エステサロンでもレーザー脱毛ができると思われるかたも多いですが、エステは医療機関に当たらず医師もいないために出力の弱い脱毛機しか使えません。

 

そのような脱毛はレーザー脱毛とは言ってはいけないため、エステサロンでは光脱毛やフラッシュ脱毛と呼んでいます。

 

ですので、クリニックでしかレーザー脱毛はできないということは覚えておきましょう!

 

TOPページへ戻る

毛の種類は大きく分けて2種類関連ページ

脱毛サロンとクリニックの違い
脱毛サロンとクリニックの違いをご紹介しています。脱毛サロンとクリニックの特徴を理解して上で、脱毛に臨むようにしましょう。
光(フラッシュ)脱毛について詳しくなろう
脱毛サロンで主流の光脱毛について説明しています。光のエネルギーを利用した肌に負担をかけない脱毛方法で、現在はほとんどのサロンで採用していますが、あまり良く知らないという方がいますので、しかりと予備知識を頭に入れたうえで、脱毛サロンに通いましょう。
脱毛の方法と種類を知ろう
脱毛するうえで覚えておきたい方法や種類をご紹介しています。現在の主流とされる方法をまとめているので、自分に合った脱毛でムダ毛ゼロを目指しましょう。
脱毛サロンをキャンセルする方法と注意点
脱毛サロンをキャンセルしないといけない場合はあると思います。そのようなときに、どんな方法や注意することがあるのかを説明しているので、ご参考にしてください。
脱毛後に気を付けること
脱毛サロンで施術をおこなったあとも、気を付けないといけないことがあります。といっても難しいことではないですし、サロンで説明もしてくれますので、ここでは簡単な施術後の気を付けたいことをご紹介します。
毛周期を理解しよう
体毛には毛周期というヘアサイクルがあります。この毛周期を利用して脱毛をおこないますので、理解をしておきましょう。