脱毛にはどんな方法や種類があるの?

MENU

現在主流の人気脱毛を紹介

脱毛の方法ってなにがあるの?

ムダ毛を処理するグッズの中でも、安くて手軽に使えることからカミソリ毛抜きを使用する人って多いと思います。

 

ですが処理をしても、気づいたら生えているなんてことは仕方がないものです。

 

しかもこの自己処理だと埋没毛だったり、毛嚢炎になってしまう可能性も大きいです。

 

しかし現在ではこのような方法だけではなく、様々な脱毛法がありますので、どれが自分にあったものなのかを見極めるためにも、現在主流の脱毛法を学びましょう。

脱毛法の種類

光(フラッシュ)脱毛

光脱毛は現在の人気脱毛サロンでも使われる脱毛法です。エステサロンやケノンのような家庭用脱毛器はほとんどがこれにあたります。

 

本来は『脱毛』とは医療行為に当たりますが、厚生労働省が定める照射レベル以下であれば、医療行為にならずに使用することができるんです。

 

サロンによってはIPL脱毛やSSC脱毛などと呼び方は異なりますが、内容は同じような脱毛法なのでそれを総じて光(フラッシュ)脱毛と呼ばれています。

 

痛みが少なく、照射面積も広く、肌にやさしいのが特徴です。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛医療行為にあたる『脱毛』です。上記の光脱毛よりも照射レベルが大きいために、医師免許をもつものしか扱うことが出来なく、クリニックでおこなわれる脱毛法です。

 

黒に反応する波長のレーザーで、毛乳頭から破壊して毛自体をなくす脱毛です。

 

これは光脱毛と原理がほぼ似ていて、照射するパワーが強いためにムダ毛をなくす効果はとても高いです。

 

ですが照射パワー光脱毛よりも強いために、痛みが強くヤケドの恐れもあるので覚えておきましょう。ですが医師免許をもつドクターが施術するので、安全性やもしものときのトラブルの対処もしっかりとしてくれます。

 

ニードル脱毛

ニードルと呼ばれるを、毛穴のひとつひとつに差し込んで電気か高周波を流して脱毛します。

 

上記のレーザー脱毛と同じ医療行為に当たり、クリニックでしか施術を受けられません。脱毛効果は確実性があり、昔は永久脱毛するならこのニードル脱毛でした。

 

ですが、施術時の痛みはかなりの激痛。これが嫌で断念してしまう方もいました。

 

更に1度の施術に要する時間がものすごくかかり、脇脱毛なら光やレーザーは5分なのに対して、ニードルはなんと1時間半も。

 

ですので、現在ではあまりおススメする脱毛法ではないかもしれません。

 

脱毛ワックス

脱毛ワックス欧米で人気に火が付き、日本でも流行している脱毛法です。

 

とろみのあるワックスを脱毛したい部位に塗り、べりっと剥がす方法で仕上がりも綺麗になります。市販品も安価で売っており、自分でお手軽に処理できるので、人気脱毛グッズとなっています。

 

ですが毛根自体はなくならないため、2週間ほどで生えてきてしまうので、こまめな処理が必要になります。

 

また、刺激が強く炎症や化膿になる心配もあるために、敏感肌の人は注意が必要です。

 

脇脱毛を始める前に読むサイト|脱毛サロン比較ランキング(TOP)

脱毛にはどんな方法や種類があるの?関連ページ

脱毛サロンとクリニックの違い
脱毛サロンとクリニックの違いをご紹介しています。脱毛サロンとクリニックの特徴を理解して上で、脱毛に臨むようにしましょう。
光(フラッシュ)脱毛について詳しくなろう
脱毛サロンで主流の光脱毛について説明しています。光のエネルギーを利用した肌に負担をかけない脱毛方法で、現在はほとんどのサロンで採用していますが、あまり良く知らないという方がいますので、しかりと予備知識を頭に入れたうえで、脱毛サロンに通いましょう。
脱毛サロンをキャンセルする方法と注意点
脱毛サロンをキャンセルしないといけない場合はあると思います。そのようなときに、どんな方法や注意することがあるのかを説明しているので、ご参考にしてください。
脱毛後に気を付けること
脱毛サロンで施術をおこなったあとも、気を付けないといけないことがあります。といっても難しいことではないですし、サロンで説明もしてくれますので、ここでは簡単な施術後の気を付けたいことをご紹介します。
毛周期を理解しよう
体毛には毛周期というヘアサイクルがあります。この毛周期を利用して脱毛をおこないますので、理解をしておきましょう。
毛の種類は大きく分けて2種類
体毛の種類は大きく分けて2種類あり、性毛と無性毛があります。どのような違いがあるのかここではご紹介をしています。