レーザー脱毛の副作用

MENU

安全対策はしているが副作用もあることを知ろう!

レーザー脱毛の副作用

レーザー脱毛を照射したことによる副作用が心配な方は多いと思います。

 

クリニックの医療レーザーは出力が大きいため、多少なりとも副作用の可能性があります。

 

医師の下おこなう施術ですので、しっかりした安全対策がとられていますが、万が一ということもあります。ここではクリニックで起こりうる副作用をご紹介します。

起こりうる副作用

火傷(やけど)

火傷はレーザー脱毛をするうえで一番注意しなければならない副作用です。

 

火傷を負ってしまうことでケロイド状になってしまったり、しっかりと治らなく色素沈着を起こしてしまうなど気を付けなければなりません。

 

医療レーザーはエステなどの光脱毛と違い、出力も大きく強いエネルギーをもちます。クリニックでは万全の準備により火傷になりにくいケアをしていますが、通われる方も注意しなければなりません。たとえば『日焼け』です。

 

日焼けというのは、太陽などの紫外線を浴びることにより、皮膚にメラニンという色素が蓄積されてしまった状態です。

 

このメラニンは黒色をしているため、黒いものに反応するレーザーには相性が悪いです。

 

本来、毛や毛根に作用するレーザーですが、肌に黒いメラニンが存在していると、照射のさいの痛みもありますし、火傷にもなってしまいます。

 

ですので日焼けによる紫外線などには十分に注意しましょう。また、生まれつき肌の黒い方はメラニンを多く含んでいるため、火傷になりやすいと言えます。

 

このように火傷のリスクはありますが、カウンセリング時にしっかりと話し合いますし、施術のさいは出力を落としておこなうなどありますので、十分に相談を医師としてみましょう。

 

硬毛化(こうもうか)

レーザーを照射したことによる硬毛化とは、抜け残った毛が太くなってしまうことをいいます。

 

なぜ、太くなってしまうかの原因は解明されていないものの、力強いエネルギーをあてたことで、毛根の周囲の組織が活発化して硬毛化してしまうといわれています。

 

硬毛化になってしまう傾向としては、レーザーの照射を繰り返すことで本来なら脱毛が目的であるはずが、逆に刺激を毛根にあててしまい活発化して毛が太くなってしまうそうです。

 

このような場合でも、クリニックでは脱毛の回数を重ねることで徐々に抜け落ちていきますのであまり心配はいらないでしょう。

 

TOPページへ戻る

レーザー脱毛の副作用関連ページ

レーザー脱毛とは
レーザー脱毛って良く聞くけど詳しくはしらない。そんな方のために、レーザー脱毛の詳細をご紹介しています。
レーザー脱毛の痛み
レーザー脱毛の刺激による痛みが心配な方に、照射時の痛みについて解説しています。
レーザー脱毛の原理
医療レーザー脱毛の原理をご紹介しています。どんな原理で脱毛するのか知ることで理解を深めましょう。
レーザー脱毛をする回数
レーザー脱毛をするさいの回数について説明しています。どのくらいの回数をこなすのか知ることはとても大切ですのでご参考にしてください。